相続は税理士に相談した方がいい理由

なんだか到底見当がつかない、相続手続き。どうにか簡単に済ます必要はないのか。法律に関することだから、弁護士に相談したらいいのだろうか。弁護士はやたらと料金が高そうなイメージがある。最終的には相続税を払わなくてはならないから、必要最小限の相談を税の専門家にまず相談すべきか。税理士だったら申告に必要な遺言書や遺産分割協議書のことなんて知っているのかな?そういった類の書類作成だったら、それって行政書士でも十分なんだろうか?なるべく相談しないでいいようにしたいけど、行政書士にも、司法書士にも、税理士にも依頼することが後から増えてきて料金がはね上がっていくのも避けたい。中間をとって税理士がよさそうなところだけど、私のイメージは税理士の業務は中小企業向けだが。個人の相続税は扱っているのかな?どうやら、相続税申告を専門に扱っている事務所とそうでない事務所があるよう。専門家があるならそれが一番良さそうだけど?相続手続きにおいて税理士にはできない業務が場合によってはあるみたいだが、相続手続専門の事務所は提携の司法書士がいるから万が一のときも安心。税の申告だけかと思いきや、相続財産や相続人のことまで調べてくれるらしい!自分では予想もつかないところに財産を隠し持っていたなんてお客さんをきっと見てきただろうから、自分達よりも財産・相続人の特定に絶対最適。見当もつかないことをむやみやたらにやるよりも、専門家にお願いしたほうが、トータルでコストを抑えられるかも。