借金は相続したくないけど、借金だけ放棄はできるの?

「親の借金を返すために、働いているんです」2時間サスペンスに出てくる水商売のお姉さんのセリフでよく聞くけど、これって回避できるってこと意外と知られていない事実。これは私の体験談。独身で子どももいない伯父が突然亡くなった。家を片付けていた母たち兄弟ははじめて伯父が多額の借金をしていたことを知ることになり、とっても焦っていた。私も焦った。母が借金を背負うことになるの?母が返せなかったら、私たち兄妹が背負う?一瞬でいろんなことを考えた。けど、事業をしていた伯父の税理士さんが「財産放棄しましょう」と一言。その一言で親戚中がホッとした。良い物が好きでお金になるようなものや別に貯金があったけれど、それらを放棄することで借金も放棄することができた。これを「相続放棄」というらしい。じゃあなんで、あのお水のお姉さんたちは、親の借金に苦しめられているのか?この制度知らないから?ドラマだから?それが一番の理由かもしれないが、実は相続放棄には期限があって、亡くなって3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申立をしなければいけないのだとか。それで母兄弟はすごい焦ってたんだ。相続放棄を知るのが亡くなってしばらくたっていた時期だったら、3ヶ月なんてあっという間にきてしまいそう。少しでも出費を抑えたいと考えてしまいがちだけど、それで一生を左右することになりかねない、と思うと兄弟と出し合って税理士さんや専門家にお願いするのが賢明かもしれない。