不動産の相続には何が必要なの?

我が家のように、遺産になりそうなものが実家だけなんて場合、もめごとが多いらしいがもめないために相続するにはどうしたらいいのか。現金なら単純に割ればいいだけの話だけど、家や土地などの不動産は割れないから大変。でもこの不動産、相続税を申告しなくていい場合があるらしいが相続人が2人の場合は申告が必ずといっていいほど必要になるよう。相続人が一人だとそのときはラクかもしれないがして、あとあと面倒くさそう。お金がかかってももめずに終わらせたい。まず不動産の名義を変える必要があるらしいが相続人全員で話し合いをして誰の名義にするか決める「遺産分割協議」が重要。とはいえ、 相続人全員が一箇所に集まって話し合いをしなければならない、 というものでもない。全員が同時に会って話す必要はなく、 手紙、電話、メールでも問題なし。 他の相続人がそれぞれ了解しさえすれば遺産分割協議を成立させることができる。次は「遺産分割協議書」を作る。書き方に特別な決まりはないが、「相続人全員で協議した」という文言を必ずどこかにいれる・家、土地などの不動産について記載する場合は「登記事項証明書」を書き写す、この2つを間違うと法務局に無効と判断されてしまい、不動産の名義書換えができなくなる場合があるので注意が必要。そこから、相続登記を行うことで不動産の相続になる。相続登記に必要な書類は・・・果てしない。ぜーんぶ詳しい人にお願いしたい。