相続ってどのタイミングで手続きするの?

とはいっても相続の手続きは大変そう。そこにまたお金がかかってくるんだろうな・・・、自分ではできないものか?少々大変でも自分でできるのであれば、支出は抑えたい!!まず、どこで手続きするのか?どこで、どこで?と調べていってみると、手続きの数は最大でおよそ20種類!!その手続き先はというと亡くなった人の本籍地または届出人の住所地の市町村役場・子の住所地の家庭裁判所・税務署・警察署・福祉事務所・・・しかも期限付き、亡くなってから4ヶ月以内というものもあれば、14日以内、7日以内、複数の届書を同時に提出しなければならないなど、想像してだけで目まぐるしい。しかもこれは、死亡届など亡くなったことにともなう手続き。相続が発生する場合にはさらに、相続財産の名義変更等が必要で亡くなってから10ヵ月後には納税の期限がやってくる。納税申告に必要な書類は遺言書の写しか遺産分割協議書の写し、分割見込書などなど・・・。役所への届出は役所に行けば必要な書類や書き方を教えてくれるけど、よく見る遺言書は手書きのものが多いように、遺言書の書き方を紹介するブログもあるから大丈夫そう。一方、遺産分割協議書には書き方などの決まりがないようだ。書くべきことが列挙されているから、なんとかいけそうな気がするが、ここでまた新しいフレーズ「登記事項証明書」というものが遺産分割協議書には必要らしい。調べれば調べるほど、次々に必要な書類が出てくるのは気のせいだろうか?